美濃 うだつの町並み

飛騨高山からの帰り、ここまで来たのだからと、どうしても寄りたい町がありました。
そこは美濃市の「うだつの町並み」。
江戸時代、火災の多かった頃、隣からの延焼を防ぐために作られた「うだつ」。
いつしか富の象徴として競うように作られました。
「うだつが上がらない」と言う言葉はここから来ているのだそうです。
d0169179_19362712.jpg

各家との間にしきりが盛り上げっています。これがうだつです。
d0169179_1938847.jpg

日本で一番暑い多治見市がある岐阜県。
ジリジリと焼けるような暑さでしたが、時折吹く風にふうりんの音がカラカラと鳴って
時間が止まったような風情ある町並み。
江戸時代、紙問屋だった今井家は史料館として一般に公開されています。
部屋の中も撮影OKでした。
d0169179_19442147.jpg

庭の水琴窟にお水をかけると・・カラーン、コローン・・何度かけても癒されます。
美濃は伝統的な和紙の町。いたるところに和紙のお店がありました。
d0169179_19511029.jpg

美濃焼の町、多治見に行きたかったのですが、方向がちがうからと
あえなく却下(T_T)/~~~
またぜひ次の機会に・・と想いを残しながら帰って来ました。
日本には古くから残る町並みがまだまだたくさんあります。
たっぷり日本の文化を堪能した夏休みでした~(#^.^#)
[PR]
by mayourlire | 2011-08-22 20:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mayourblog.exblog.jp/tb/14400689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 可愛いブーケ 飛騨高山 >>